ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  岩手芸術祭開幕フェスティバル1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手芸術祭開幕フェスティバル1

岩手芸術祭の開幕フェスティバルは毎年、10月第一土曜日に開催され、岩手県民会館大ホールには1,000人を超す観客が集まる県随一の総合文化催事である。その開幕フェスが、震災のため県予算を計上できないこととなり、一時、中止と決まったが、芸術祭実行委員会各位から予算がなくても開催すべきという強い声があがり、中ホールを会場に規模を縮小させながら実施することになった。
これは、どうしてだろうか、少し論述してみた。
まず、岩手芸術祭であるが、都道府県の芸術祭では岩手芸術祭の歴史が一番古い。戦後の荒廃した大地を文化で復興したいという思いが、芸術祭実施という形で芽吹いたのである。荒廃した大地の復興は、今度の震災にいえる。
そして開幕フェスティバルは、国民文化祭いわての活動とともに始まった。プレ国民文化祭総合フェスティバルから始まったのであるが、それから20年目にあたる国民文化祭いわてのメモリアル事業であり、様々なジャンルが一体的に参加できる唯一の総合フェスティバルである。
分野別に行われる岩手芸術祭、そして開幕日には専門団体が力を合わせて総合イベントを行う。いずれも各芸術団体の努力なくして継続できなかったものである。決して、事務方の判断だけで実施の有無を決定できるものではないのである。私も、芸術祭の実行委員だが、当初、半ば開幕フェスの実施はあきらめていた。しかし、舞台部門の実行委員会の会議で各委員から何とか実施しようという声が上がった。私は、当日欠席していたが、後日、その話を聞いて感激した。この数年、私が企画委員長を務めて開幕フェスの構成演出を担当していたので、自分からはなかなか実施したとは言いだせなかった。しかし、各委員の気持ちの中にはしっかりとこのイベントの意義が根付いていたのである。これは県民の気持ちだ、と思った。
どのような形でもいい。おざなりにならず心のこもった開幕フェスになればいい。
アーツルネッサンスいわての旗を掲げよう!
スポンサーサイト
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

坂田裕一

Author:坂田裕一
1952年12月13日生まれ。
B型いて座
岩手県盛岡市在住
大学時代から演劇活動を行い、現在も継続中。
劇団赤い風所属。
岩手県演劇協会会長。
日本演出者協会員。
NPO法人いわてアートサポートセンター副理事長。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。