ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  その他  »  震災と盛岡芸妓

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災と盛岡芸妓

大震災によて盛岡芸妓さんの仕事はどうなったんだろう、と気になっていました。
昨日18日は、盛岡の料亭・京極で、今年初めての盛岡芸妓公開講座が行われました。実は、震災のあった3月はつなぎ温泉の四季亭で行われる予定でしたが、震災のため中止。震災100か日目の昨日まで持ち越しでした。
震災後の仕事は、やはり3月~4月は激減。
5月半ばを過ぎて、やっと例年並みになったそうですが、7月になるとまたまた少なくなるとのことです。
昨年3月から稽古を始めた芸者見習いの「たまごちゃん」の3名はとても元気で安心しました。
もうすぐ1本立ち=芸妓としてのお披露目が、迫っています。
カツラや衣装の用意もしなくてはなりません。
早く、後援会を立ち上げ、準備をすすめなくてはなりませんね。
さて、昨日の披露芸は、
長唄・南部音頭、岸の柳。端唄・深川。そして金山踊りからめ節の四つ。
南部音頭は、盛岡を唄い込んだ昭和初期の長唄で、紫紺染めの手ぬぐいを着て踊ります。優雅な踊りで、盛岡芸妓ならではの曲です。
岸の柳と深川は江戸情緒豊かな曲です。
勿論からめ節は、盛岡芸妓の十八番。
今回は見習い3名で踊りました。
震災の二次被害を受けている盛岡芸妓ですが、盛岡芸妓がなくなると失われてしまう楽曲もいくつかあります。
なんとか、伝統芸の担い手としても皆で支援する方策を考えたいものです。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

坂田裕一

Author:坂田裕一
1952年12月13日生まれ。
B型いて座
岩手県盛岡市在住
大学時代から演劇活動を行い、現在も継続中。
劇団赤い風所属。
岩手県演劇協会会長。
日本演出者協会員。
NPO法人いわてアートサポートセンター副理事長。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。