ホーム   »  未分類
Category | 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手芸術祭開幕フェスティバル1

岩手芸術祭の開幕フェスティバルは毎年、10月第一土曜日に開催され、岩手県民会館大ホールには1,000人を超す観客が集まる県随一の総合文化催事である。その開幕フェスが、震災のため県予算を計上できないこととなり、一時、中止と決まったが、芸術祭実行委員会各位から予算がなくても開催すべきという強い声があがり、中ホールを会場に規模を縮小させながら実施することになった。
これは、どうしてだろうか、少し論述してみた。
まず、岩手芸術祭であるが、都道府県の芸術祭では岩手芸術祭の歴史が一番古い。戦後の荒廃した大地を文化で復興したいという思いが、芸術祭実施という形で芽吹いたのである。荒廃した大地の復興は、今度の震災にいえる。
そして開幕フェスティバルは、国民文化祭いわての活動とともに始まった。プレ国民文化祭総合フェスティバルから始まったのであるが、それから20年目にあたる国民文化祭いわてのメモリアル事業であり、様々なジャンルが一体的に参加できる唯一の総合フェスティバルである。
分野別に行われる岩手芸術祭、そして開幕日には専門団体が力を合わせて総合イベントを行う。いずれも各芸術団体の努力なくして継続できなかったものである。決して、事務方の判断だけで実施の有無を決定できるものではないのである。私も、芸術祭の実行委員だが、当初、半ば開幕フェスの実施はあきらめていた。しかし、舞台部門の実行委員会の会議で各委員から何とか実施しようという声が上がった。私は、当日欠席していたが、後日、その話を聞いて感激した。この数年、私が企画委員長を務めて開幕フェスの構成演出を担当していたので、自分からはなかなか実施したとは言いだせなかった。しかし、各委員の気持ちの中にはしっかりとこのイベントの意義が根付いていたのである。これは県民の気持ちだ、と思った。
どのような形でもいい。おざなりにならず心のこもった開幕フェスになればいい。
アーツルネッサンスいわての旗を掲げよう!
スポンサーサイト

絵本とクラウン

7.3クラウン
7月3日、絵本プロジェクトは、山田町関口神社の例大祭に。
静岡大道芸ワールドカップ実行委員会も同行。2人のクラウンも参加した。
かわいい絵本カーとクラウンは、とてもお似合い。
クラウンで読み聞かせをやったらどうか、というアイディアも出された。読み聞かせグループにクラウンを学んでもらう。新しい切り口で面白い。

うごく七夕・太鼓の競演

動く七夕の太鼓
盛岡駅前で動く七夕(陸前高田)の太鼓の披露があった。
12台の山車のうち9台が流され、ほとんどの太鼓が流失した。
この日の太鼓は、修繕された太鼓と借り物の太鼓。
8月7日は、祭りを「慰霊」として実施。
太鼓もバチも笛も足りない。
笛はこの日、滝沢の篠木神楽から寄贈を受けた。
バチは「いわて文化支援ネットワーク」から資金提供を受けて、太鼓のリーダーの一人菅野健一君が製作。
あとは、太鼓購入費と祭りの運営資金だ。
なんとか、支援したい。
いわて文化支援ネットワークhttp://ibsn.web.fc2.com/
では、太鼓購入・修繕資金の寄付金を募っている。

高速道路の無料化

高速道路の被災者無料化が今日から始まる。我が家も被災者証明をとろう、という話になった。
でもどこかこの制度は変だ。
被災者を支援 する制度なのか?
被災地の復興をすすめるためなのか?
盛岡市は被災地なのか、という議論もある。
我が家も話し合った。我が家の被害は、建物損傷は被害なしで、地震で棚から落下した器物損傷のみ。停電のべ3日間。ガソリン不足で生活リズムが狂う。転職予定の長男が震災の影響で別の仕事にかわり人生も変わる、そのあおりで妻の人生もかわり、出費大。沿岸の被災地への支援で夫婦合わせると20回以上、現地訪問。私の文化活動も被災地文化支援に大きくシフトし、しばらく執筆出来ない状態。
被害というものはわずかだが、影響は大ということだろうか。
我が家は沿岸に親戚は少ないが、盛岡市民には沿岸に親戚が多い方もおり、近い親戚が亡くなったりするところもある。沿岸から身を寄せてきている人もいる。沿岸の友人が被災した方もいるだろう。県や市町村予算が震災対応にシフトするために影響を受けた人もいる。岩手芸術祭の開幕フェスや生涯学習フォーラムが中止となり、業者は勿論、参加者の心の痛手は大きい。
こう考えると、岩手県全域は被災地なのだから、その復興のため、高速道路の無料化は必要という論旨は見えてくるが、なぜか釈然としない。
どうせなら、東北の高速道路は、誰がつかっても無料にしたらどうか。

文化ボランティア

いわてアートサポートセンターで文化ボランティアのコーディネートを行うこととなり、その準備に入りました。
今すぐ、文化ボランティアが活躍する環境ではありませんが、今後、仮設住宅や二次避難所生活からは心のケアやコミュニティの形成に欠かせません。
被災地のニーズを把握し、文化ボランティアの派遣のコーディネートを行う中継機能が必要です。
勿論、そのためには生活支援のボランティアの連携、全県的活動を重層的に行うための岩手県文化振興事業団や岩手県芸術文化協会との連携が必要です。
文化ボランティアの情報集めと連携を急ぎましょう。
プロフィール

坂田裕一

Author:坂田裕一
1952年12月13日生まれ。
B型いて座
岩手県盛岡市在住
大学時代から演劇活動を行い、現在も継続中。
劇団赤い風所属。
岩手県演劇協会会長。
日本演出者協会員。
NPO法人いわてアートサポートセンター副理事長。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。